ABOUT

ハチマンジカンとは

走って、歩いて、ときどき立ち止まって、わたしを振りかえるハチマンジカン

ハチマンジカンについての地図

琵琶湖のほとり、滋賀県近江八幡は自然と歴史がひかるまち。 ヨシの揺れる水郷や白壁の続く昔ながらの町並みは、どこか時間もゆったりと流れています。
内湖(ないこ)を中心としたサイクルツアーでさわやかな自然を感じ、しめ縄づくりなど暮らしに息づく手仕事で伝統に触れるなど、近江八幡ならではの地域体験を提案するプロジェクトが「ハチマンジカン」です。

「ハチマンジカン」は昔から近江八幡で使われる言葉。のんびりと穏やかな時間のことをいいます。

慌ただしさからひととき離れ、のんびりとひとやすみ。

近江八幡で穏やかに過ごす時間が“今”を見つめ、“これから”を歩んでゆく元気の源となるように、さまざまなプログラムは経験豊富なガイドをはじめ地元の人々と一緒に全力でサポートします。 あなたと近江八幡を結ぶハチマンジカンをお楽しみください。