HACHIMAN NO KURASHI
ハチマンの暮らし

文化的景観で湖と暮らしをつなぐフォーラム

 開催日: 2019/02/24
 予約受付期間: 終了

文化的景観で湖と暮らしをつなぐフォーラム

~ヨシの過去・現在・未来~

 

今”を見つめ、”これから”を歩んでいく。そんな元気をはぐくむハチマンジカン

私たち、まちづくり会社「まっせ」では、ヨシ産業などの生業や、内湖と共生する地域住民の暮らしなどの記憶を掘り起こし、風景を翻訳する地域独自の文化的景観をガイドする「水郷ガイド」の育成を進めています。

今回開催するフォーラムでは、文化的景観の核となるヨシ地を含む水郷景観の保存と修景のあり方や新しい担い手像の可能性について、研究者や実践者、参加者の皆さんと考えていきたいと思います。

【開 催】
2月24日(日)

【時 間】
13:30~16:30(開場:13:00)

【場 所】
ラ コリーナ近江八幡フロア2 
近江八幡市北ノ庄町615-1(駐車場あり)

【詳 細】

13:35 – 14:20  基調講演
近江八幡の文化的景観のこれまでとこれから
濱崎 一志:滋賀県立大学人間文化学部 教授

14:20 – 15:00  研究・活動報告
①ヨシ地の所有・利活用者への聞取り調査を通じたヨシ地の利活用と維持管理の現状
小池 のどか:大阪大学工学部環境・エネルギー工学科 4回生

②西の湖のヨシの活用と海外事情
大野 沙織:美山茅葺株式会社・職人

15:00  休憩

15:10 – 16:25 討論・意見交換
文化的景観の戦略的活用に向けて

○パネリスト  
濱崎 一志:滋賀県立大学人間文化学部 教授
松本 邦彦:大阪大学大学院工学研究科 助教
田口 真太郎:まちづくり会社 まっせ

○モデレーター 
近藤 紀章:滋賀大学環境総合研究センター 研究員

16:25  閉会あいさつ

 

【お申込み】

※参加無料(事前申込制:2月22日(金)17:00まで

*本事業は、平成30年度文化庁文化芸術振興費補助金(文化遺産総合活用推進事業)の補助を受けて実施しています。