HACHIMAN NO KURASHI
ハチマンの暮らし

【2019年度】文化的景観で湖と暮らしをつなぐフォーラム

 開催日: 2020/2/22
 予約受付期間: 終了

文化的景観で湖と暮らしをつなぐフォーラム

~内湖の過去・現在・未来~

今”を見つめ、”これから”を歩んでいく。そんな元気をはぐくむハチマンジカン

私たち、まちづくり会社「まっせ」では、ヨシ産業などの生業や、内湖と共生する地域住民の暮らしなどの記憶を掘り起こし、風景を翻訳する地域独自の文化的景観をガイドする「水郷ガイド」の育成を進めています。

今回開催するフォーラムでは、内湖の文化的景観の保存と修景のあり方や新しい担い手像の可能性について、研究者や実践者、参加者の皆さんと考えていきたいと思います。

 

【開 催】
2020年2月22日(土)

【時 間】
13:30~16:30(開場:13:00)

【場 所】
安土コミュニティーセンター2階会議室

近江八幡市安土町下豊浦4660(駐車場あり)

【詳 細】

13:35 – 14:20  基調講演
かつての小中の湖-失われた景観を求めて-
井手 慎司:滋賀県立大学環境科学部教授

14:20 – 15:00  研究・活動報告

①ガイドツアーが文化的景観の価値認識・保全の取組に与える影響
松本 邦彦:大阪大学大学院工学研究科 助教
平野 章吾:大阪大学大学院工学研究科 大学院生

②近江八幡の水郷風景翻訳家育成事業の活動報告
田口 真太郎:まちづくり会社まっせマネージャー

15:00  休憩

15:10 – 16:25 討論・意見交換
文化的景観の戦略的活用に向けて

○パネリスト
井手 慎司:滋賀県立大学環境科学部 教授
松本 邦彦:大阪大学大学院工学研究科 助教
田口 真太郎:まちづくり会社まっせ

○モデレーター 
近藤 紀章:滋賀大学環境総合研究センター 研究員

16:25  閉会あいさつ

 

【お申込み】

事前申込制:2月19日(水)17:00まで ※参加無料 

masse_forum_20200222